第二位:らんちゅうを手で触りまくるのは病気にかかる第一歩!

主に水換えの時よくやることですが、らんちゅうを手で掴んで移動した方がなんとなく安心安全な気がしますね。

しかし、よく考えてみてください。いくら水の中に手をつけるといっても、基本的に人間の手は体温と同じ!

36度という温度はらんちゅうからしたらかなり熱いものです!!!

水の外に出してからは絶対に手で触らないようにしましょう!

さらに手で触り続けていると、らんちゅうの保護膜であるヌメリも取れてしまい、結果として病気の感染源や原因になる可能性もあります。

基本はタモなど、道具を使うことを徹底しましょう。

ずっとらんちゅうを手で触ることが常態化してしまうと、そのうちなんだか様子がおかしいぞ?あれ、病気になってしまった…ということになってしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です